デイトレ経歴・バックボーンを語る~テクニカル分析を捨てた理由~

投資

はてなブログでブログを始め、半年が経過した昨日7月27日のデイトレ記録に対してコメントを頂戴しました。

私がコメント主を見つけて読者になり、恐らくそれがきっかけで私の記事を見て頂く事があるのだと思います。
大変嬉しく、有り難く思っています。

コメント主は兼業トレーダーで、スマホで取引されている点が興味深く、記事が更新されるのを楽しみにしているブロガーさんの1人です。
リンクを貼る事を快諾頂いたのでご紹介していたんですが、デイトレ記録を公開するのをやめたいとの事でブログは閉鎖されたのでリンクは消しました。
まぁスイング込みの結果開示だったので、どれがデイトレ分なのかはわからなかったんですけれど。

私は、自分をトレーダーと呼んでも良いのかわかりません。それほどの素人です。
ですから、デイトレの勝ち方、勝率アップ方法等、いわゆる「聖杯」をお話する事などできません。
むしろ、そんな事を軽々しく言える人は詐欺師だと思っています。コツはあると思いますけど。

そんな私ですが、今回は私のトレード歴等のバックボーンについて語りたいと思います。
強いて言えば、投資・デイトレ初心者の方には、私の失敗談を含め有益な情報があれば幸いです。上級者の方は、私を指南して下さい。「ザコッ」って笑いながら読んで頂いたらいいと思います。私はそれを糧にして階段を登っていきます。

今回は記事内にリンクを沢山貼っています。
私はリンクだらけの記事は斜め読みするタイプなので、今回はよろしくない構成となってしまいましたが、興味が出て深堀りしたい情報があればリンク先をご参照下さい。
投資セミナーの記事は、まぁ良い事書いている気がするので、リンク先にジャンプして頂けると何を言っているのかわかりやすくなると思います。

スポンサーリンク

トレード歴

株式投資歴は2年目に突入

2018年、100万円を元手に株式投資を始めました。(企業型DC/iDeCo歴はノーカウント)

当時は何とか会社には行けていたので、スイングトレードに挑戦しました。
勿論業務を優先しましたし、デイトレができるような手が空く時間が皆無だったのが理由です。
スキマ時間があったとしても、その時間に株価を見てトレードするような事はしませんでした。
私の場合はそういう時間軸では勝機を見いだせなかった事もありますし、被雇用主が業務時間にトレードするというのはどうであろう、と思っています。

なお、信用取引は現物株取引経験が1年以上ある事が条件となる為、現物株の売買から始めました。

とは言え、どの銘柄を買えばよいのか、さっぱりわかりません。

ハッキリと憶えていますが、買ったのは3300 AMBITION(マザーズ)と2484 夢の街創造委員会(現:出前館(JASDAQ))です。

Kabuステーション
3300 AMBITION 月足
Kabuステーション
2484 出前館 月足

他に、5218 オハラと、ネットで見つけた「桐谷さんの推奨銘柄」を100株ずつ購入。

凄い勢いで株価が上昇しているから、まだまだ上がるだろう。
そんな理由で買いました。
黄色の■マークを付けた辺りがポジションを取った位置です。
オハラも、上のチャートとほぼ同じで、てっぺんで購入。

結果は、ド素人の思惑通りに動くはずなく全ての株が下落しました。1銘柄辺り▲10万以上の損切りをした事を憶えています。AMBITIONの最高含み益は+7千円でした。それも10秒ほどで含み損に変わり、以降は下落していくのを日々眺めていました。

私の投資デビューには、ラッキー・パンチは1つもありませんでした。

投資素人が勉強に使った本

トレード開始当初は、下記の本等を読んで勉強しました。
本屋に多く並んでいるテクニカル分析を元にした甘言に包まれた本を読み漁り、手法をマスターすれば楽勝と考えていました。

この中で私にとって血肉になった本はありません。
知識は取り込みましたが実践で活かしている方法はありません。
テクニカル分析は捨てました。理由は後述します。

これはあくまで主観ですし、私のメンタルやトレードスタイルに合っていないだけなのかもしれません。
テクニカル分析主体で勝ち続けているトレーダーもいるのでしょうが、私が知っている専業トレーダーでテクニカル分析で生き残っている人は1人もいません。

投資の世界への入り口として、テクニカル分析を知りたい、テクニカル分析で勝負したいと思うのなら、基本的な事を初心者向けに書かれているので、参考になる事はあります。

ただ、書籍として出回っている投資術は、出回った時点で通用しない過去の技法だと思っています。

「億トレ投資法」は読むな!

高沢健太の「億トレ投資法」だけは絶対にオススメしません。

高沢氏とたちの悪い煽り屋としていつも世間を賑わせているウルフ村田との関係は有名です。
高沢氏は実際に億トレになったのだと思いますが、ニチダイの仕手株で稼いだのは間違いありません。
実際、著書にニチダイの取引履歴が載っています。

ニチダイの仕手株事件とは?

これは話が脱線するので、ニチダイの仕手株に興味がある方は下記リンクを御覧下さい。

高沢健太を深堀りしたい方は、

これも話が脱線するので、興味がある方は下記外部リンクを御覧下さい。
ここに書かれている情報はデマじゃなくて、確信を突いていると思いますよ。

高沢健太の話を勧めない理由

高沢健太をススメない理由は、私自身が高沢健太のセミナーに参加し、金と時間をムダにした経験があるからです。

人を小馬鹿にしたセミナーの内容に興味がある方は、下記記事の2番目に書いてある「テクニカル分析に基づいた必勝パターン解説セミナー」を御覧下さい。


( ゚д゚)ハッ!
実名を出しちゃってますけど、デマを流しているのではなくて私が実際に体験した事実を述べているので何の問題もありません。
私と同じように死に金を使う人が1人でも減る事を願い、恥ずかしながら私の実体験を晒しています。

世の中、うまい話なんてありません。

自分の目で見て、自分の足で歩いていくしか無い事は教えてもらいました。
その点について「だけ」は、ありがとうございます。

現在、自分が役立ったと思っている書籍

逆に、トレードに役立ったと思った本はコチラ。

スポンサーリンク

トレードスタイル

順張り?逆張り?

逆張りです。負け続けていた時は順張りでした。

「順張り」は株価上昇中に買うこと、「逆張り」は下落株を買う手法です。

著名トレーダーのcisさんは、短期順張りで大成功を収めていらっしゃいますが、cisさんの著書は順張り観点の話なので、私には響くものがありませんでした。

ナンピンは滅多にしません。潔く損切りします。
ただ、逆張りのナンピンは悪ではないと思っています。単に資金が少ないからナンピンできないだけです。

ナンピンしたくても資金がなくてできず、5分で▲6万とか喰らった事もあるので、資金は多いに越したことは無いと思っています。この時はナンピンできていれば逆に+3万以上取れている局面でした。

ただ、下手クソが多量の資金を動かすのはリスクが上がる側面もある為、小資金でトレードしています。
自転車に乗れないのにバイクを運転する事と同じだと思っています。

1万円を取る事は大変苦労しますが、5万円を瞬く間に失う事は容易いのが相場の世界だと思っています。

取引ロット数

個別銘柄の1トレードは最小ロット(100株)で取引する事が多いです。

5千円/日であれば確実に取れると思っています。
5千円取った辺りで急速にモチベーションが低下してしまうのが目下の悩みです。要は寄付き10分程度でモチベが低下しています。

今の目標は1万円/日 を確実に取れる力量を身につける事です。
と書いていましたが、2021年12月時点では、日々のトレード勝率は90%程度、ほとんど損切りする事はなくなってきています。

トレードのマイ・ルール

ありません。

ポジションを取って、何%の評価損になったら損切りする等、そのようなルールは設けていません。
ダメと思ったら切るし、まだ行けると思ったらホールドしますが、基本板読みスキャルパーなので瞬間の需給を読んで負けないトレードに徹しています。

強いて言えば、

  • 順張りは基本的にしない
  • アップティックを(滅多に)叩かない
  • 少額資金で1日信用取引

位だと思います。

「アップティックを叩かない」は、結構な機会損失を生んでいます。
機会損失は負けではありませんので、全く気にすることはありません。
ただ、どうすれば利益を増やせたのか反省材料にはしています。

スポンサーリンク

トレード・スタイルが変わった出会い

生き残れないトレーダー筆頭だった私は、藁にもすがる思いで、また別のセミナーに参加しました。


この記事の3番目に書いた「ファンダメンタルズ分析法とデイトレ手法のセット」で、トレードの考え方が180度変わりました。

このセミナーの講師だったOさん(仮称。おっぱ○の「O」)は、今でもトレードの師匠と思っています。
素性は伏せていらっしゃいますが、専業投資家ならば誰もが知っているニッチな世界で著名な億トレーダーです。
B・N・Fさんやcisさん他、色々な著名専業トレーダーの性格や手法を教えてもらいました。

私はFXにも興味がありましたが、やらなかったのはOさんからFXの実態を聞いたからです。
Oさんに迷惑がかかるかもしれないので内容は書きませんが、やらないのには理由があるという事で、推して知るべしとして下さい。

専業億トレーダーのOさんでも「聖杯」は語ることはできません。
ですが、間違った手法を捨てる道を示して頂きました。

誤解が無いように言いますが、推奨銘柄を仰らないのは勿論の事、買い時、売り時など、売買に関する助言は一切ありません。自身が取っているポジションも決して口外される事はありません。
買い煽り、相場操縦にならないように慎重に会話をされる方です。

Oさんから教えて頂いた中で1番衝撃を受けたのは、「株価の未来は予測できない」という言葉でした。
効率的市場仮説、ランダムウォーク理論、この2点を知ることになり、エントリタイミングや板読みの考えが変わりました。

私は億トレーダーというのはテクニカル分析に長けているから成功しているのだと思っていましたが、実際は違いました。
デイトレを実際に見せて頂いた事がありますが、オシレーターは一切表示されていませんでした。
リアルタイム売買は見せてやるから、自分で憶えろ、感じろというスタンスで、見て学ばせて頂きました。

テクニカル分析を駆使して相場を張っている方もいらっしゃるでしょう。
ですが、私は、テクニカル分析を捨て、そして、「資産をX倍にする」という甘言の書籍やセミナーの言葉よりも、実在する専業億トレーダーの言葉を信じました。

これが、私がテクニカル分析でトレードを行わなくなった理由です。

その結果、連敗トレーダーからは脱却しつつあるように思います。そうであって欲しいです。

でも、先の事はわかりません。
資金を増やしてロットを上げたらどうなるかわかりません。
数千円の利益すら出せなくなって、ひっそりと退場してブログを終わらせるかもしれません。

そうならないように、今よりももっと真摯に相場と向き合わないといけないと思っています。

スポンサーリンク

コメント主の話に戻る

最後にコメント主の話に戻りますが、私にとってはその方がスマホ・トレードで利益を出されているのが不思議で仕方ありません。

楽天証券を使われているようですが、iSPEEDはデータ更新タイミングが1秒間隔です。
このタイムラグでどうやって需給を読み、何を見てトレードされているのだろうか、と。
高沢健太が「デイトレなんてスマホ1つで簡単にできる」と暴言を吐いていましたが、本当に実行して利益を出している人がいるのだと、コメント主のブログを見つけた時に衝撃を受けました。

冷静に分析したら、私と見ているトレードの時間軸が違うだけで、どれがデイトレ分の損益か開示されてなかったし、デイトレでは勝てていないような事を仰っていたので、スイング主体の取引だったようです。

この記事を読まれた方で、スマホトレードで結果を出されているトレーダーをご存知であれば、コメント欄でご教示頂けると幸いです。

ご覧頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッと押して去って頂く方に感謝です。ありがとうございます。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村


株式デイトレードランキング

コメント

  1. vmou より:

    言及ありがとうございます。
    私もトレーダーさんが実際、どんな風にトレードされてるのか関心があるので、現場を見学させて頂けるならお会いしてみたいなぁと思います。
    ご家庭もおありだし実現は難しいかも?ですが、気持ちだけは、お伝えしておきます。
    でも今月は利益10万円にも未達でして、そんなので何も言えない恥ずかしい(;>_<;)
    先日のロットを増やしていく工程は、大変参考になり嬉しかったので、もしよろしければ、私のブログでもブログや記事を言及させてもらえたらと思います。

  2. initial_jj より:

    id:vmou さん
    コメントありがとうございます。
    私のトレードを見てもご参考にはならないと思います(泣
    殆どの場合、1分もホールドせずに利食いしてます。握力が弱くて悔しい思いをすることもありますが、負けないよりは良いと思ってやってます。
    師匠のデイトレが見られれば良いのですが。。RさんがYouTubeで仰っているのが近いスタイルだと思います。
    私の書いた記事や取引内容で良ければ、ご自由にもてあそんで下さいまし。

タイトルとURLをコピーしました